Pocket
LINEで送る

私がイヤホンを使う用途としては通勤でのBGM。
特に高音質にこだわる訳では無く、最近では普段聞こえてくる音(特に電車のアナウンスや駅の構内アナウンスなど)を聞きながらの鑑賞が1番落ち着きます。
と、いうのも通勤などで電車を使っていると遅れたり、止まったりした時のアナウンス情報などがイヤホンを付けたままでも音さえ下げればすぐに聞けるってのが大きいです。

高音質にこだわる訳でもないのでイヤホンに詳しい訳ではありませんが、形状として大きく分けて二種類が頭に浮かびます。

イヤホン、大雑把に分けての二種類

インナーイヤー型

一つ目は「インナーイヤー型」

iphoneearpods01

耳に引っ掛けるタイプです。

カナル型

二つ目は「カナル型」

iphoneearpods02

耳に差し込むタイプです。

Apple純正EarPodsに最適な100円ショップのイヤーパッド

この二種類の中にまた様々な形があると思うのですが、私が最近愛用しているのがiPhone5以降から付属する様になった「EarPods」です。
「EarPods」以前の「Apple純正イヤホン」は使う気になれなかったので、その前は「カナル型」を使っていました。「カナル型」は音漏れも少ないし、完全に外の音を遮断するので使っている方も多いと思いますが、私の場合少し大げさかもしれませんが、外の音が完全遮断されると凄く不安な気持ちになる気がするのと、たまに気分が悪くなったりとで、故障したのを機に「EarPods」にした感じです。

「EarPods」の形状としては耳に引っ掛けるタイプなので「インナーイヤー型」になると思うのですが、「EarPods」は音漏れに関しては妻と検証した結果、意外に音量を上げても音漏れしない事がわかりました。問題は、そのままでは少し引っ掛けただけでズレたりと何かと不便を感じること。
そこで、100円ショップのイヤーパッドを付けているのですが、これが凄く良いんですよね。ピッタリとフィットするし、ズレ防止にもなるし、そのままの状態よりもさらに音漏れの対処にもなるしで一石二鳥な品物。

今までは何も考えずに必要になった時に近くにある100円ショップにて購入していましたが、何処のお店で買うかでかなりの違いがあることに今更ながら気づきました。

1番初めに買ったイヤーパッドは100円ショップ「キャンドゥ」のもので、作りもしっかりしていてとても好印象でした。
お店は忘れてしまいましたが、それから何度か買い換えるイヤーパッドがなんともいえないお粗末さ…薄すぎで付ける時に破れたり、内側の穴が空いてる部分がとても広くポケットから出す時に取れてしまったりと付けて1週間持たないものもありました。

しかし、最近100円ショップの「ダイソー」にて購入した物が本当に良い!作りもしっかりしていて、内側の穴が空いてる部分もとても広くガッチリとイヤホンを包み込んでくれます。

iphoneearpods03

iphoneearpods04

100円ショップは商品の入れ替わりも激しいと思いますが当分「ダイソー」のイヤーパッドからは離れられそうにありません。

Pocket
LINEで送る