Pocket
LINEで送る

今回は動画共有、使うアプリは「Video Pro 2」というアプリです。
この「Video Pro 2」は動画サイトから簡単に動画をダウンロード出来る優れもの!…なぜ「2」なのか?
以前は「Video Pro」ってアプリだったんでが、iOS8になった時に対応されずダウンロードが出来なくなってしまったんですね…いつ対応するのかなぁなんて思っていたらアップデートではなく「Video Pro 2」で対応されました…
最初はなんでアップデートじゃなく別アプリになるんだ?なんて感じで腹が立ちダウンロードするもんかっ!なんて思ってたんですが長くずっと使ってきただけにかなり使えるアプリって事は知っているし、別の使えるかもわからない知らないアプリをダウンロードするのもなぁなんて思ってまたダウンロードしちゃいました。
有料アプリだけにiOS9になった時は本当頼みますよ〜なんて願いたいですね。

っで、その「Video Pro 2」ですがアプリはiPhoneでダウンロードすればiPadにもダウンロード出来るのですが、今まで出来ていたiPadでの動画ダウンロードがなぜか出来ない…
なので、iPhoneから動画をダウンロードしてiPadの「Video Pro 2」へ入れちゃいます。

「Video Pro 2」

今回の目的

まず、このアプリでは簡単にカメラロールに保存も出来ますが中にはカメラロールに保存出来ない動画もあります。まぁそもそもダウンロードした動画をカメラロールに入れるのも容量かさばるし嫌なのですが、そのカメラロールに保存出来ないファイルをPCに抜き出してみると複数(約150個ほど)の「.ts」ファイルが1つのフォルダになっており再生出来ません。iPhoneから抜き出した際に「mp4」ファイルであればその後は自由になんとでもなりますが、この「.ts」ファイルが150個程に分割されているものを「mp4」の一つのファイルにするにはDVDfabなどのソフトを使えば出来ますが正直面倒なので、今回は複雑な事をやらずに簡単にiPad共有再生するための記事です。
複数に分割された「.ts」ファイルを統合する記事はまた今度ゆっくり書きたいと思っています。

iPhoneの「Video Pro 2」から動画抜き出し」

今回の作業にはPCは必須です。
PCのiTunesを使ってiPhoneの「Video Pro 2」からデータを抜き出します。

STEP1

iPhoneをPCに接続してiTunesを開きます。

iTunesでiPhoneの「App」にいくと、下の方に「ファイル共有」があり、その下の左には「App」、右には「書類」があり、「App」の中にはiPhoneのアプリが並んでいます。

videopro1-01

STEP2

iPhoneのアプリをスクロールしていくと「Video Pro」があるので選択します。
(「Video Pro」が2つあるのは、私の場合以前の「Video Pro」と新しく入れた「Video Pro 2」があるからです。)

videopro1-02

STEP3

選択した後、「書類」の上の方を見てみるとiPhoneでダウンロードした動画が並んでいます。この中から共有したい動画をドラッグ&ドロップしてデスクトップに出します。

videopro1-03

これでiPhoneの「Video Pro 2」から動画をコピー出来ました。

iPadへ入れる

次に、iPadの中に動画を入れます。

STEP4

先程と同じようにiPadを接続してiPadの「App」の「ファイル共有」へいきます。

videopro1-04

STEP5

「App」の中の「Video Pro」を選択すると「書類」にアプリの中身が表示されるので、先程デスクトップにコピーした動画ファイルをそのままドラッグ&ドロップにて入れます。

videopro1-05

補足

はじめにも触れましたが、iPhoneから動画をデスクトップに出すと「mp4」ではなく、フォルダがコピーされフォルダを開くと「.ts」が分割されて入っているデータになっていることがありますが、気にせずフォルダごとiPadの「Video Pro」の中へ入れれば問題なくiPadで再生出来ます。

最後に

「Video Pro 1」から「Video Pro 2」への移動も簡単

ちなみに、以前使っていた「Video Pro 1」から「Video Pro 2」への移動も応用して同じやり方で簡単に移動が可能です。
一つのアプリにまとめたい方はまとめちゃって下さい。

Pocket
LINEで送る