Pocket
LINEで送る

どんどん容量が増えて行く私のMacBook Proと妻のMacBook Air、写真、iTunes、iMovie、GarageBandなどのデータを外付けHDDへ移行するため、外付けポータブルHDDを準備しました。

色々と悩みましたが、今回準備したのは「Transcend 2TB StoreJet100 for Mac」!
決め手はやはり、色、デザイン。Macにとても合います。

Transcend、外付けポータブルHDD

こちらがその商品。①と②の2種類があります。下に説明は書きますが、価格、デザイン等しっかり把握してお好きな方を選べば良いと思います。

①Transcend 2TB StoreJet100 for Mac

購入時には容量等間違いがないかしっかりチェックしてから購入しましょう。

②Transcend 2TB StoreJet 25M3

購入時には容量等間違いがないかしっかりチェックしてから購入しましょう。

今回私が購入したのが①のTranscend 2TB StoreJet100 for Macという商品。①と②の二つ載せた理由は、値段が3000円ほど差があるからです。
私の購入した①は②に比べ価格が3000円ほど高いのです。これらの主な違いは、色の違いと、Mac拡張ジャーナリング(HFS+)に最初からフォーマットされているぐらいでしょうか。
もちろんWindowsで使おうと考えている方でも、購入後フォーマット形式を変えれば使うことが出来ますし、逆に②を購入してフォーマット形式を変えればWindowsでも、Macでも、両方兼用でも使うことが出来ます。

要するにデザインが②でも全然問題ない方なら無理に3000円ほど高い①にする必要はありません。購入後、Macで使うならMac拡張ジャーナリング(HFS+)にフォーマットすれば良いだけですし、MacとWindows両方で使いたいならexFATなどにフォーマットすれば問題ありません。

とはいえ、黒に緑はあまり趣味ではないし緑が目立つ,,,水色は写真を見る限りではちょっと安っぽく見えてしまう印象なんですよね。っで、色が一番Macに合うこちらを選んだわけです。
私の今回の場合、Macでしか使わないのでそのままMac拡張ジャーナリング(HFS+)が使えたのでフォーマットの手間も省けました。

商品が届いた

購入して次の日には届きました。

外観

TranscendPHDD01

持つとこんな感じの大きさ。

TranscendPHDD02

TranscendPHDD03

TranscendPHDD04

TranscendPHDD05

TranscendPHDD06

箱はこんな感じですね。

中身

TranscendPHDD07

TranscendPHDD08

TranscendPHDD09

中身はこんな感じ。
  • HDD本体
  • USBケーブル
  • 説明書類が5枚

USBケーブルもMac仕様になっているところが嬉しいですよね。

Macと合わせてみる

TranscendPHDD10

TranscendPHDD11

うん、だいぶ良いですね。これを使って次回は、私と妻のPCに入っている、写真、iTunes、iMovie、GarageBandなどのデータを移し、外付けHDDを二人で仲良く共有したいと思います。

以上、「デザインがMacにピッタリ!外付けポータブルHDDこれが良い。(Transcend 2TB StoreJet100 for Mac)」でした。

Pocket
LINEで送る